page icon

【質問回答】1次面談に受かりやすい応募のタイミングはありますか?

 
 
 
 
🤔
JOINSの募集案件で、1次面談に受かりやすい応募のタイミングはありますか?
 
パートナー人材様から上記のご質問をお寄せいただきました。
 
回答としましては、
 
1次面談に受かりやすいタイミングはありませんが、応募期限ギリギリの応募は避けたほうが良い
 
となります。
 

応募期間は最長14日間

 
 
前提として、応募期間は案件公開後・最長14日間であることをお知りおきください。
※企業様のご意向で、14日間より短く設定されることもあります。
※応募多数となった場合など、企業様の判断で応募期限前に公開終了となる場合もあります。
 

人材選考は応募期間中に実施されることもある

 
応募のあったパートナー人材様の選考(1次面談の可否)のタイミングは、企業様により様々です。
 
  1. 応募期間終了後にまとめて選考を始める
  1. 応募期間中に選考を始める
 
後者の「2. 応募期間中に選考を始める」の場合、気になったパートナー人材様と応募期間中に1次面談を実施する企業様もいらっしゃいますし、その結果この時点で当人材を契約候補として、意向を固められるケースもあります。
このようなケースですと、応募期間終了間際に応募された別のパートナー人材様に対して、企業様が1次面談を実施することは現実的に難しいのかもしれません。
 
そのため「2. 応募期間中に選考を始める」企業様もいらっしゃることから、応募期間終了間際の応募を避け、早めの応募を推奨いたします。
 

ただし応募文面は手を抜いてはいけない

 
 
パートナー人材様におかれましては、
(なるべく早く応募した方が有利)
という心境になるかと思いますが、応募へのスピードを求めるあまり、応募文面が手抜きとならないよう注意してください。
今まで多くの応募を拝見してきましたが、下記のような応募を繰り返すパートナー人材様が一部認められます。
 
  • どの募集案件に対しても応募文面が同じ(コピペ文を用意している)
  • 企業研究をしていない
  • 自身の経歴をアピールしすぎて提案が足りない
  • 提案が足りないのに「まずは面談の機会を・・・」と面談を催促している
 
早めの応募は良いことかもしれませんが、そもそも提案内容が不十分だと、不成立の可能性も高くなり本末転倒です。
 
🤔
なかなか1次面談まで通過しない
 
とお悩みの方は、
 
  1. 応募期限ギリギリではなく、余裕を持った応募を行う
  1. そのために、定期的に募集案件をチェックする
  1. 募集案件をよく読み込み、自身ができる範囲の提案を行う
 
ことを念頭に、ぜひチャレンジ(応募)してみてください。
 


おすすめ記事


不明点がある場合

こちらのチャットまでご連絡ください。
JOINSサービス内の右下部分のアイコンからもお問い合わせ可能です。